日本版WISC-IVによる発達障害のアセスメント ‐代表的な指標パターンの解釈と事例紹介‐

※画像提供:日本文化科学社

 

上野一彦 松田 修 小林 玄 木下智子 著

発行元 日本文化科学社
価格 2,685円(本体)+税
商品コード 001-5081
サイズ B5判 262頁

 

概要

日本版WISC-IVによる最初のアセスメント解釈事例集。代表的な指標パターンを具体的な臨床事例で紹介。
これまでのWISC-IV関連の著作物を理論的背景とし、日本版WISC-IVを使用した最初のアセスメント解釈事例集。前半で、解釈にあたって必要な基本事項や心得るべき事項、アセスメントの手順等を解説し、後半で、代表的な指標パターンとそれに対応した具体的な臨床事例を紹介。新指標である一般知的能力指標(GAI)・認知熟達度指標(CPI)も解釈に加えている。

目次

まえがき
第1章 心理アセスメント概論
I 知能検査の歴史とWISC-IV
II 知能の定義と構造
III WISC-IVの枠組みと特徴
IV WISC-IVの今後の発展
V 日本版WISC-IVとその統計特性研究
VI 日本版WISC-IVにおける倫理規程
第2章 WISC-IVの合成得点の解説と解釈
I 解釈にあたって心得るべき基本ガイドライン―真の臨床家に求められるもの―
II 合成得点の解釈
III 任意の選択的拡張解釈①―新指標GAIとCPIについて―
IV 任意の選択的拡張解釈②―CHC臨床クラスターによる解釈―
第3章 WISC-IVによるアセスメントの手順
I 学習面や行動面のつまずきのある子どもの支援とアセスメント
II プロフィール分析(個人間差と個人内差の検討)
III 解釈を支援につなげるために
第4章 指標パターン(プロフィール)から見た発達障害児のニーズ
I WISC-IVによる発達障害児のニーズの把握
II WISC-IVプロフィールから学習面の困難に対する子どもの教育支援ニーズを把握するには
III WISC-IVプロフィールから行動面の困難に対する子どもの教育支援ニーズを把握するには
IV 臨床場面でよく見かける12プロフィールの総合的解釈とその留意点
V WISC-IVプロフィールの解釈に関するよくある質問
第5章 事例紹介
*頻度の高い情報処理に特徴のある代表タイプ
*新しい指標GAI・CPI からの解釈が可能なタイプ
*単独指標からつまずきの解釈がしやすいタイプ
*単独指標から得意な領域を推定しやすいタイプ
*頻度は低いが特徴ある学習・行動を示すタイプ

 


 関連カテゴリ  心理一般  心理検査名>WISC